このページにはプロモーションが含まれています 感想・考察 漫画

ケンガンオメガ 249話【ネタバレ感想・考察】繋がる者から蟲の存在とは!

2024年2月10日

ケンガンオメガ 第249話『二人だから』ネタバレ感想・考察

酒盛り現場で語られる繋がる者と蟲の関係

今回はスタート直後から、成島麦酒会は既にガッツリ宴会モードだ。
光我たちが質問を始める前から、既にテーブルにはいくつもの空ジョッキが……。
なお、この二人はおわかりも一気に飲み干した模様。

しかも、申武龍は今日は友人に会いに来ただけだから警戒しなくても大丈夫だよと、光我たちにフォローまで入れてくれてる。
お気遣いの紳士……いや、それで納得できるかっ!

当然、一番血気盛んな光我は突っかかった。
蟲と呉の征西派を率いる大ボス。その二つがこれまでに出してきた被害は甚大なものだ。

しかし、申武龍自身はどちらの組織にも与しているつもりはまったくない。
あるのは夏厭など一部との個人的な親交だけ。実質的には部外者なのだ。

臥王鵡角とその仲間たちは自分を襲撃してきたので返り討ちにした結果による命のやり取り。本人的には正当防衛の認識である。
申武龍は自分から人を殺めたことはなく、本当は平穏に暮らしたい。吉良吉影みたいなこと言い出した。

とはいえ繋がる者の要素を除けば、テレビや試合観戦を楽しんだり、友達と酒盛りを楽しんだりなおじさんだった。
要するに『強過ぎる』という一点のため周りが放置してくれない。強者が故のしがらみで窮屈になっている状態だ。

そして、拳願会の秘所ズも半ば強制で酒盛りに混ぜて繋がる者質問会が開催だ。
自分の攻略法を答える条件が皆で酒盛り!

蟲の企みは知らない。だって部外者だもの。
申武龍からみた蟲は、ただ間接的に自分のことであれこれ気を揉んでる無関係な組織だった……。

ただ申武龍を神のように崇めつつ、近代武力すら上回る破壊神として恐れて、暴走しないよう立ち回っている。そういう認識はあるようだ。
この辺りは以前にも出た情報と被っている部分もあった。

暴走に関しては、何かしらそう思うだけの理由が蟲側にもありそうだとは思う。
そうでなければ蟲という組織はあまりに大袈裟過ぎる。

そして龍鬼と王馬。なぜ彼ら二人に執着するのか。羅漢も含めたクローンたちが生み出されたのか。
申武龍は二人に執着していることは認めた。

しかし、その理由や倒し方について答える前に、夏厭からの連絡が!

素直に現在の状況を答えつつ、お前も来るかと返す。色んな意味で繋がる者過ぎるっ!
当然のごとくキレる夏厭。そりゃそうだ。

しかしまだ質問に答えてない、(多分それよりも)飲み足りない申武龍は、自分から場所変えて移動を提案する。

しまいには、酒盛り用の買い出しを命じられた光我とすれ違う。敵なのに夏厭がかわいそう過ぎる!

龍鬼とアダムのその後

繋がる者対策会議を終えた山下一夫は王馬&龍鬼と合流して事務所へと戻る。
その際に、龍鬼は戦鬼杯での仕合のことについて、アダムへと謝罪に行った。

あの大会では、龍鬼だけが命のやり取りを前提にした戦い方をしていた。
しかし、アダムも仕合をする以上、怪我や結果的な死は覚悟している。

それをわざわざ謝罪に来るのは失礼に当たる行為だと、怒りをぶちまけて龍鬼は殴られた。
そんなのは一切関係ない。次は勝つ! アダムらしくもあり、格闘家としての正論だ。

同時に、それはもう済んだこと。いつまでも引きずるなという意味でもあるだろう。厳しさの中に優しさもある不器用な態度だった。

共にいた暮石光代たちは、謝罪にきた龍鬼を暖かい言葉で受け入れフォローした。
今回解説&ギャグ&ギャグみたいな話の中で、唯一の心温まるシーンだった。

繋がる者と王馬&龍鬼まさかの遭遇

そうして山下社長たちが事務所に帰ると、そこには酒盛りやってる申武龍と仲間たちがいた。
王馬と龍鬼すら何なのこれとギャグモードな雰囲気になっている。

王馬ですらどういう状況なのかと正論で問う状況だ。問われた側も答えられないけどネ!

そしてこんな事態なのに一人悠然と佇む山下社長は…………気絶していた。
かなりひっさびさの山下のヘタレが勝手に評価されるムーブ!!

うっわ、懐かしいと思うぐらいには、山下社長のハートは初期に比べて随分強くなったからなぁ。

さて、次回こそは申武龍の倒し方を聞くことはできるのか!?

次回


これからの『ケンガンオメガ』の展開も気になるところですが、これまでの戦いも見直したくなりますよね?

Manga Rawや漫画村などの違法サイトに頼ろうとする人もいますが、この手のサイトは次々に閉鎖されています。

より厳しく取り締まるため、利用がバレたら逮捕されますし、個人情報を抜かれる、スマホのウィルス感染などのリスクが多々あるためです。
わたしの友人も昔、違法漫画サイト経由でウィルス感染してメチャクチャになり、どうしようと相談されたことがありました……。

それらを踏まえると正規の電子書籍サイトで安全に読んだ方がいいです。
わたしは漫画を読むのはほとんど電子書籍化したため、常にお得なサイトを探しています。

そこで最もお得に安く読めるのがDMMブックスというサイトです。

DMMは電子書籍だけでなく、ゲームや動画など多岐にわたる大手のエンタメサイト。
誰しもその名前を避けてネットを楽しむことは不可能でしょう。

DMMブックスでは現在、新規登録キャンペーンを実施中です。
登録するだけで、どの漫画でも90%OFFのクーポン(割引上限は2,000円)がもらえます!

また、それだけではありません。
多くの漫画作品で30%のポイントバックキャンペーンも行っております。

事実上の30%オフと言えます。
しかもDMMポイントで還元されるので、DMM内のゲームや動画など他のコンテンツでも幅広く使用できます。

ケンガンシリーズは全て集めると31,416円ですが、クーポンの割引とポイントバックを含めると20,592円。なんと10,824円もお得に読めてしまうのです!

90%OFFクーポンやポイントバックがいつまでかは不明です。
今だけの可能性もあるので、早めの登録をオススメします。

⇒ 今すぐ『ケンガンオメガ』を読む

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
なぜ特撮界隈は荒れやすいのか? ~SNSと闇のオタク文化~ 5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-感想・考察, 漫画
-,