このページにはプロモーションが含まれています FMO設定

FMO1章 第11節 製作話

2024年4月28日

渡から音也に願いを託す

本作を書くにあたり、これは書きたいと決めたシーンがあって、その一つ目が第11節の記憶に関するシーンです。

音楽系サーヴァントの二人をライダーに置き換えるなら、音楽と関わりがあって、かつフェイク要素も作れるライダーとしてキバとダークキバは最適解かなと思うぐらいピッタリでした。
なお1節目にルーラーの渡が登場して、W渡になったのは偶々です。

音也と渡の二人を出すにしても、キバ本編の焼き直しみたいな展開にはしたくない。

なので父から息子へではなく、息子の渡が父親の音也に命まで懸けた願いを託す。
普通なら物語的に成立しにくいけれど、今回はむしろサーヴァントならではの展開にできるなと思いました。

またFGOからのシナリオ変更点として、本来ならサーヴァントの記憶がきちんと戻るのはもっと後の方です。
それをあえて今回の戦いで取り戻しています。
この理由は物語に山場を作りたかったから。

原作のロシア編は、シナリオ的に盛り上がるシーンが後半にかなり集中しがちです。

中ボス戦みたいな戦闘はたまにあるのですけれど、イベントとしては案外勢いに欠けます。
ゲームだと、その辺は新サーヴァントとの戦闘で、自分で操作するためそこに緊張感が生まれるので問題ありません。

しかし純粋に読み物としてだと物足りなさを感じていました。
また、ここの後は暫く世界観解説や決戦準備のシーンに入ります。

そのため、中盤の山場にてカタルシスになる部分を入れ込もうと記憶が蘇るシーンを前倒しにしました。

記憶を捏造した人物も原作とは異なります。この理由は後程の展開で察せられるかもしれません。

暗躍する鳴滝

戦闘後の会話は地味だけど、流れ的に重要なので削りにくい。

だったらここに後半に必要な展開の伏線も混ぜ込んでオリジナル感を出してしまえ!
というわけで以下の三つを追加。

・謎のパトロン
・謎のアイテム
・鳴滝の裏切り

謎のアイテムはわかる人ならサクッとわかると思います。

その後の鳴滝とカドックの会話シーンはシナリオ上の伏線として追加しました。
カルデアとクリプターの双方に協力する鳴滝。本編でも正体不能のキャラはこういう時に便利ですね。

ディケイド完結編の嘘予告で「ついに正体がわかるのか……!」とワクワクさせてから、本編はゾル大佐のコスプレだけで終わった時の憤りはかなりものでしたが、今はそれをありがたく感じてます。

正体がわからないまま終わったから、スーパーヒーロー大戦以後も門矢士と鳴滝はセットであり続けられたのだと思います。
何かよくわからないけど世界を移動できる主人公と、なんかよくわからない敵。これぞディケイド……!

 


 

無料で有償の聖唱石を稼ぐ裏ワザ

私はあんまりスマホゲームは並行しない主義で、その分一つずつに関してはそこそこ重課金兵です。

戦力的に役立ちそうなら欲しくなる。
ストーリーが良くても欲しくなる。

でもね、欲しいと思って出てくれるなら誰も困りません。

星5鯖の召喚確率低すぎッ!

星5出てもすり抜けすぎッ!

出ないときは星4も召還されてくれない!

石がどれだけあっても足りない!!

一回でも多く十連を回したいのは全マスター共通の願望。

しかしレアガチャといえばスマホゲームの花形にして課金要素。
つまりお金が必要です。

不可能な願望を無料で叶えられるのがこの裏ワザ。

それがポイントタウンです。
所謂お小遣いサイトとして知られています。

ポイントサイトにはたくさんの広告主がいて、様々な広告が貼られています。

そしてその広告を経由してアプリのインストールや無料サイト登録、商品の購入などを行うとユーザはポイントを獲得。

ポイントは1P=1円で、課金用カードや現金に変換が可能なのです。

お金が貰えると言われると怪しげに思われがちですが、運営歴も二十年以上あり結構な老舗です。

商品購入も楽天やメルカリといったドメジャーなサイトやアプリも多く含まれています。
毎日コツコツ利用すれば、毎月数千円以上は十分現実的な範囲で稼げます

なんだったら毎日無料ガチャを回したり、簡単なゲームを遊んだりするだけでもポイントが貰えます

是非この機会に、ポイントタウンを試してください。あなたのFGOライフに今より石が溢れます!

=> ポイントタウンでお小遣い稼ぎを始める

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-FMO設定