このページにはプロモーションが含まれています 感想・考察 映画

身代わり忠臣蔵【ネタバレ感想・考察】意外と気付けない塩の重要な役割とは

2024年2月9日

身代わり忠臣蔵の概要

「身代わり忠臣蔵」は、伝統的な忠臣蔵の物語に一風変わった「身代わり」という設定を加え、新たな視点で描かれた作品である。

主演のムロツヨシが、吉良上野介の身代わりとなる弟・孝証を演じ、二役で魅力を発揮している。
この映画は、吉良上野介が不慮の事故で命を落とし、吉良家が幕府の謀略により存亡の危機に瀕するというストーリーから展開する。

孝証が身代わりとして幕府を欺く過程で、赤穂藩との意外な協力関係が生まれ、伝統的な忠臣蔵の物語に新しい命を吹き込む。

ネット上の評価

高評価の意見

「身代わり忠臣蔵」は、その斬新なアプローチとエンターテインメント性で多くの観客から高い評価を受けている。

特に、ムロツヨシの一人二役による演技は見事で、彼の演技力の幅広さが光る作品となっている。

また、伝統的な忠臣蔵の物語に新しい風を吹き込んだ点も評価されており、時代劇に新たな息吹を与えたとの声も多い。

コメディ要素とシリアスなドラマが絶妙に融合しており、観る者を飽きさせない工夫が随所に見られる。

低評価の意見

一方で、伝統的な忠臣蔵のファンからは、原作の重厚なドラマを軽視しているとの批判もある。

コメディ要素が強調されすぎている点が、物語の本質を損ねていると感じる視聴者もいるようだ。

また、一部の観客は、ストーリーの展開が予測可能であったり、キャラクターの深掘りが不足していると指摘している。

エンターテインメントとしての側面は評価されつつも、歴史的背景や人物像の描写に対する批判的な意見も見られる。

しかし、全体で見れば否定意見は少数派にとどまっていた。
全体で見れば独自的な解釈の忠臣蔵と、ムロツヨシの名演技作品として高い評価を得ている。

ギャグと感動のバランス感覚

本作は基本的に忠臣蔵をベースにしたコメディ映画だけど、きちんと主人公である孝証の成長物語である。

次男坊という理由から家族に見捨てられ、誰にも必要とされずに一人で生きてきた。
生きることは腹が減り、腹を満たすためには金が必要。だから金だけをひたすら求める。

それが兄の身代わりとなって殿様という『役割』を与えられたことで、少しずつ変わっていく。
誰かに求められたことで、人の役に立つ喜びを得た。
そして自分に付いてくる家来達を、金にかえられない家族として感じるようになっていった。

この成長物語は結構しっかりと描かれており、物語としてきちんと完成されている。

また、家長が理不尽に切腹させられ、その『家族』を壊された大石内蔵助は、友情と仇討ちの間で苦悩する。
この要素も、後半に色濃く出ており、家族と武家社会の有りようや価値観も作品にはしっかりと練り込まれていた。

これだけしっかりした縦軸がありながら、全体的にはコメディ映画が主体になっている。
ものすっごいシリアスと感動の連続から仇討ちで得た首を、双方が渡すまいと奪い合い、生首ラグビーを始めるカオスっぷり。

完全に不謹慎なネタなので苦手な人は苦手だろう。
ただまあ、ラグビーされている当人は、これぐらいされて当然な人間で、奪い合いに必死さもある。
シリアスさが含まれたギャグ演出から、最終的に笑いが勝って心は痛まず純粋に楽しめた。

笑いと感動を際どいバランスで成立させるプロットと演出がとても巧妙なのだ。
これにより物語にメリハリが付いて、安っぽいお涙頂戴作品にならず、後半に入るほどグイグイ物語に引き込まれていった。

劇中における塩の重要な役割

本作では二つの塩が登場する。
まずは言うまでもなく大石内蔵助の塩飴。

これは孝証と内蔵助を繋ぐ重要アイテムだ。
冒頭から食べ物に困っていた孝証が河に落ち、内蔵助に助けられた際、彼から塩飴を受け取る。

孝証は金じゃなく塩飴だったことに不満だったが、結果として飢えをしのぎ吉良家へと向かうことができている。

次に吉原の帰りに印籠ごと受け取った塩飴は友情の証となった。
塩飴が無くなった時は吉良家の危機を示していた。

二つ目の塩は、斎藤宮内の漬物塩である。
宮内は身代りを依頼した当初は孝証を嫌っていた。金にがめつい上に勝手なことをするので当然ではある。

二人の仲が深まりだしたのは、宮内の漬物の塩加減を、孝証が褒めたことがキッカケである。
罵倒コントもこの会話の流れから生じた流れだった。

宮内は孝証を補佐して、吉良家の武士としては彼の最大の理解者となった。

最後に孝証が役割を終え、報酬の千両を放棄して去っていく彼を、千両役者と温かく送り出しす。

計画のすべてを知ってなお、貴方は千両を払う価値がある殿だったと、彼は認めたのだ。

この二つの塩は、最も重要な場面で合流を果たす。

孝証は塩飴が尽きて空になっても、印籠は手放さず持ち続けていた。
これを見た内蔵助は孝証の首を切ることを躊躇う。

そして、振り下ろされた刃は見当違いの場所を斬ってしまう。
しかし、そこには本物の吉良上野介の遺体が保管されていた。
いつか吉上野介の葬式をするために、宮内が漬物塩で保存していたのである。

そして本物の仇討の首を手に入れたことで、孝証と内蔵助、最後の大芝居が始まった。

本作における塩は、孝証の人生に転機と活力を与える重要な存在なのだ。


映画やドラマ、アニメが好きな方に特におすすめのサービス『U-NEXT』についてご紹介します。

このサービスは、私も利用しているのですが、その使い勝手の良さとコンテンツの豊富さには本当に驚いています。

U-NEXTってどんなサービス?

U-NEXTは、映画やドラマ、アニメだけでなく、マンガや雑誌といった電子書籍も楽しめる日本最大級の動画配信サービスです。

30万本以上の動画と190誌以上の雑誌が見放題・読み放題になりなす。この数は日本最大級です!

31日間の無料トライアルが魅力的!

U-NEXTの特徴は、31日間の無料トライアルがあること。
この期間中は、月額料金が一切かからず、サービスを存分に楽しめます。

しかも、無料トライアル登録だけで、600円分のポイントがもらえるんです!

毎月貰えるポイントは映画チケットにも交換できる!

無料トライアルが終了しても、毎月1,200円分のポイントがもらえるので、新作映画のレンタルなどはほとんど無料見放題と変わりません。

また、あまり知られていませんが、このポイントは上映中の映画チケット代にも使えます。
しかも、そのままチケットを買うより少しお得なんですよ!

⇒ 今すぐ31日間無料トライアルを試してみる

自宅で映画鑑賞も、通勤中のマンガ読みも!

U-NEXTなら、家で映画を見たり、通勤・通学中にマンガを読んだりと、自分のライフスタイルに合わせてコンテンツを楽しむことができます。

わたしはかなり色々な動画配信サービスは大体一度は登録してきました。
その中でも、これほどまでに幅広いコンテンツを提供している所は他にありません。

是非この機会に、U-NEXTを試してみてください。きっとあなたのエンタメライフを、もっと豊かで楽しいものに変えてくれるはずです!

⇒ 31日間無料トライアルはこちらから!

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
なぜ特撮界隈は荒れやすいのか? ~SNSと闇のオタク文化~ 5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-感想・考察, 映画
-