このページにはプロモーションが含まれています 仮面ライダー 特撮

仮面ライダークウガ マイティフォーム【ネタバレ有の設定解説・考察】

2024年1月1日

マイティフォームの概要

マイティフォームは、仮面ライダークウガの基本形態に当たるフォームです。
五代雄介がグロンギとの戦いにおいて覚悟を決めた結果、変身できるようになりました。

劇中では『未確認生命体第4号』や『赤のクウガ』等と呼ばれています。

アイデンティティワードは『邪悪なる者あらば希望の霊石を身に付け、炎の如く邪悪を打ち倒す戦士あり』です。

また、五代雄介以外にも前任者の古代の戦士や小野寺ユウスケなど複数名の変身者がいます。

今回は、五代雄介が変身したマイティフォームとしての解説です。

マイティフォームの能力と特徴

身長 200.0cm
体重 99.0kg
パンチ力 約3.0t
キック力 約10.0t
ジャンプ力 15.0m(ひと跳び)
走力 5.2秒(100m)
視力 人間の数十倍
聴力 人間の数十倍
専用武器
必殺技 マイティキック(威力は約30.0t)

マイティフォームの戦闘スタイル

クウガの各フォームは多くが尖った性能になっていますが、マイティフォームはその中でも貴重なバランス型です。

視力と聴力は人間の数十倍にも及びます。

専用武器は持っていませんが、その肉体能力を活かした戦闘スタイルが特徴です。
特に、そのキック力とジャンプ力を活かした必殺技を持ち、多くの敵を倒してきました。

マイティキック

マイティキックは、マイティフォームの代表的な必殺技です。

右足に封印エネルギーを溜めて放つ跳び蹴りで、その威力は約30.0tに達します。
ライジングフォームが登場するまでは、最も多くのグロンギをこの技で倒していました。

特訓により、助走と空中回転を加えることでキックの威力を高めた『強化マイティキック』も使用します。

マイティパンチ

マイティパンチは、シティウォーズで登場した技です。
封印エネルギーを収束して放つ右ストレートで、マイティフォームのパンチ技としては初めてのものです。

クウガのパンチ系必殺技には既にライジングアルティメットの『ライジングアルティメットナックル』が存在していますが、こちらはマイティフォーム独自の技として位置づけられています。

劇中における主な役割・活躍

クウガの基本フォームですが、初登場は第2話でした。
本形態としてオールマイティーな扱いから、トライチェイサー2000などの専用マシンも主にこのフォームで運用されています。

また、映像として直接描写されていないグロンギとの戦闘でも、ほとんどがこの形態で撃破されています。

初変身のインパクト

ククウガ自体の初変身であるグローイングフォームは、五代雄介がグロンギに襲われ、死の恐怖を感じたことで起こりました。
しかし、戦う覚悟が足りずその力は半端にしか発揮できませんでした。

真の意味でクウガになるには、中途半端ではなくしっかり事件に関わる。つまり戦士として戦い抜く覚悟を決める必要がありました。
それはマイティフォームへ初めて変身した時の言葉にも表れています。

「こんな奴らのために! これ以上誰かの涙は見たくない!
みんなに笑顔で、いて欲しいんです!
だから見ててください! 俺の! 変身!

マイティフォームへの初変身は、彼が古代リント族の伝説の戦士『クウガ』の力を受け継ぐ象徴的なシーンです。
同時に仮面ライダーシリーズにおける重要な瞬間の一つとして記憶されています。

マイティフォームは、その後の戦いの中で五代雄介の主要な戦闘形態となりました。

強化版マイティキック

強化版マイティキックは、特訓を経て生まれた新たな技です。

ズ・ザイン・ダ戦にて、通常のマイティキックだと威力が足りず、倒しきれない事態が発生します。
そこで助走と、以前習得した107番目の技である空中回転を追加。
さらに高い威力を発揮できるよう改良されました。

雄介の闘士が反映されたのか、走りながら足が燃えて、まさに炎の如く邪悪を打ち倒す戦士です。

強化パーツや進化ではなく、純粋な特訓によって新しい技を得るのは昭和ライダーを踏襲しています。
現在だと、多くの人が想像するマイティキックはこちらの強化版です。

グッズ・玩具の展開

仮面ライダークウガは平成ライダーの一作目であり、平成シリーズ以後を代表する作品の一つ。をのためグッズ展開の歴史も長く数も非常に多いです。
稼働フィギュア系だと、特に有名で人気も高いのが真骨彫フィギュアーツです。

同じく真骨彫フィギュアーツのマイティフォームのDECADEバージョンは、一見すると同じですがボディのカラーが異なり、メタリック感が出ています。

より大きなサイズで精巧なフィギュアだとRAHシリーズです。

いずれもクオリティ重視で、プレミア価格になっていることも多いため高価になっています。
安価なフィギュアだと食玩シリーズが比較的安価で手に入ります。

クウガはこちらも種類が多いですが、掌動-XXはシリーズとしても新しく、クオリティと価格のバランスが取れているでしょう。


映画やドラマ、アニメが好きな方に特におすすめのサービス『U-NEXT』についてご紹介します。

このサービスは、私も利用しているのですが、その使い勝手の良さとコンテンツの豊富さには本当に驚いています。

U-NEXTってどんなサービス?

U-NEXTは、映画やドラマ、アニメだけでなく、マンガや雑誌といった電子書籍も楽しめる日本最大級の動画配信サービスです。

30万本以上の動画と190誌以上の雑誌が見放題・読み放題になりなす。この数は日本最大級です!

31日間の無料トライアルが魅力的!

U-NEXTの特徴は、31日間の無料トライアルがあること。
この期間中は、月額料金が一切かからず、サービスを存分に楽しめます。

しかも、無料トライアル登録だけで、600円分のポイントがもらえるんです!

毎月貰えるポイントは映画チケットにも交換できる!

無料トライアルが終了しても、毎月1,200円分のポイントがもらえるので、新作映画のレンタルなどはほとんど無料見放題と変わりません。

また、あまり知られていませんが、このポイントは上映中の映画チケット代にも使えます。
しかも、そのままチケットを買うより少しお得なんですよ!

⇒ 今すぐ31日間無料トライアルを試してみる

自宅で映画鑑賞も、通勤中のマンガ読みも!

U-NEXTなら、家で映画を見たり、通勤・通学中にマンガを読んだりと、自分のライフスタイルに合わせてコンテンツを楽しむことができます。

わたしはかなり色々な動画配信サービスは大体一度は登録してきました。
その中でも、これほどまでに幅広いコンテンツを提供している所は他にありません。

是非この機会に、U-NEXTを試してみてください。きっとあなたのエンタメライフを、もっと豊かで楽しいものに変えてくれるはずです!

⇒ 31日間無料トライアルはこちらから!

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
なぜ特撮界隈は荒れやすいのか? ~SNSと闇のオタク文化~ 5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-仮面ライダー, 特撮