このページにはプロモーションが含まれています 感想・考察 未分類

小説 機動戦士ガンダム【ネタバレ感想・考察】水星の魔女 2巻

2023年7月13日

作品情報

【感想・解説】小説 機動戦士ガンダム 水星の魔女 2巻
タイトル 小説 機動戦士ガンダム 水星の魔女(2)
作品要素

スポンサーリンク

レビュー

本編は一巻の評価と基本的に同じなのでこちらを参照。

http://kamen-rider.info/g-witch-novel-1/

アニメを観ている前提だと、四話のラストでチュチュの感情が爆発して暴れだすシーンは、文章の方が伝わりやすくてちょっとグッとくるかも。

レゴリスの説明に加えて、ディランザが戦略的に絡めとられるシーンは、文章的な説明が解説として機能していた。
ただしやられる直前まで足掻いてファラクトを猛追するシーンの迫力は全然なくなっている。

いずれもアニメの補足としてならば良いかもって感じ。

続いてオリジナル部分について。
前巻のラストでスレッタとユーシュラーによる決戦の流れだったが、物語としてはむしろ風呂敷を広げにいった。

今回はミオリネサイドも描かれている。
株式会社ガンダムが正式に立ち上げられた以後なので、時間軸がアニメだとシャディク戦以後だと判明した。

アニメだと苦労しつつも順調に軌道へ乗っていったように見える。
実際はそんなことなかったんだよというのがわかるので、本編の補完としても純粋に面白い。

初めての社長業でありながら、プロスペラとタケモトピアノペイル社CEO達の二大妖怪女に挟まれるミオリネの気苦労がよくわかる。
この妖怪達が油断ならないことはデリングもよくわかっているだろうから、そりゃあ娘の仕事を個別にチェックして添削するよねと思った。

前巻もなのだけど、オリジナルストーリーパートはアニメをなぞらない分、文章の描写量が多くやはり面白味が増している。
その分本編に比べて話の進みが遅く、もっとこっちを書いて……! となるのは当然の心境だ。

ホント、全編このノリで書いてくれたら純粋に小説として読み応えあるのになぁと思う。

スポンサーリンク

総評

オリジナルパートは次巻が楽しみになってくるぐらいに面白い。
本編側の評価は一巻と同じで、どうしても足を引っ張っている状態だ。

全編オリジナルストーリーか、まだしもオリジナル部分と同じ密度の文章なら名作と呼べるのが惜しい。

スポンサーリンク

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
なぜ特撮界隈は荒れやすいのか? ~SNSと闇のオタク文化~ 5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-感想・考察, 未分類
-, , , , ,