このページにはプロモーションが含まれています オタク観光・オタ活 梅田

梅田ロフト 梅田最強のイベントショップ【オタク観光・オタ活】

2022年6月1日

店舗情報

店名 梅田ロフト
種類 フィギュア・プラモ・TCG・ゲーム・ホビー・グッズ
住所 大阪府大阪市北区茶屋町16-7
アクセス ■阪急京都本線・阪急神戸本線・阪急宝塚本線「大阪梅田駅」茶屋町口より徒歩5分
■大阪メトロ御堂筋線「中津駅」より徒歩7分
営業時間 午前11時~午後8時

評価

観光 ★★★★★
品揃え ★★★
レアグッズ ★★★★
値段 ★★★

スポンサーリンク

ポップアップショップによる豊富なイベント

ロフトは全国各地にある生活雑貨であり、梅田ロフトは近畿唯一の大型店舗だ。

当然ながらただの雑貨店ではなく、梅田ロフトは4Fや5Fにてゲームやアニメ、特撮などの各種イベントやポップアップショップが開催されている。
公式のTwitterを覗くと、半分以上がこの手のイベント紹介になっていることからも、この手のオタク系イベント開催が平常運転だとわかるだろう

イベント内容も過去の名作から、最新作品からかなり幅広く展開されている。
(イベント自体に左右されるが)撮影自由なゾーンも結構あるので、記念撮影も可能だ。

『ULTRA HEROES COLLECTION in ロフト』

『ディズニー ツイステッドワンダーランド Gurihiru ART POP UP STORE in LOFT』

『ゆるキャン△POP UP STORE in 梅田ロフト』

『超勇者展2大阪』

ポップアップショップによってはレア物の限定グッズや先行販売がある。
ただし『金曜スタートのイベントで土曜の昼に行ったらお目当てのグッズが売り切れてました』ということを私もリアルに体験しているぐらいには、有名な人気ショップ故に競争率も高い。

ダンガンロンパイベントでのアクリルスタンドで推しの霧切さん。
ホントはV3の赤松と春川もラインナップされていて一緒に買いたかったんだけど売り切れでした……。

スポンサーリンク

駿河屋梅田ロフト店もオススメ

梅田ロフトの7Fには、駿河屋とヴィレッジヴァンガードが入っている。
『遊べる本屋』ことヴィレッジヴァンガードは、梅田ロフト店だと商品的には女性向けの雑貨メインに寄っている(ある意味梅田ロフトらしい)。
実際、店内の客層も女性の方が多い。



梅田ロフト

店舗としてのメインは駿河屋側だ。
大型店舗だけあってワンフロアはかなり広いが、駿河屋はフロアの6~7割ぐらいを陣取っているため、それだけ商品は充実している。

駿河屋リアルストア店舗一覧 | 駿河屋 梅田ロフト店 | 中古・新品通販の駿河屋

フィギュアや玩具系を中心に、様々なプラモデル、ゲーム、各種グッズを取り扱っている。かなり大型の中古店だ。
ヴィレッジヴァンガード側を女性向けと称したが、こちらにもしっかりと女性向け商品はある。特価の雑貨や少女漫画専用ゾーン等もあり、男女問わず幅広い層が買い物できる。

一階にはコラボカフェスペース

当店の1Fには『UMEDA BOX CAFE & SPACE』があり、ここでは様々なアニメ・ゲーム等のコラボカフェが開催されている。
1Fと言ってもカフェは独立した店舗状態で、本体の梅田ロフト1Fからは直接入れない。

ジュンク堂書店方向に向かって一つ角を曲がればすぐに見つかる。
予め知っていれば大して問題はない。

物販用スペースも設置されており、限定グッズ等の販売もある。
実際に行ってみた時のレポートはこちら。

買い物はスタンプ・クーポン制度がある

ロフトには専用アプリが存在しており、ここにはスタンプカード制度がある。
千円ごとにスタンプが一つ溜まり、六個集めれば10%オフのクーポンがもらえる。

ただし、一日で貰えるスタンプは最大一つで反映は翌日。
有効期限もあるので、常連客用のサービスが前提となっている。
定期的にロフトで買い物するタイプの人は入れておくといいだろう。

総評

梅田ロフトは大阪でも有数の観光・イベントスポットとしての要素がかなり強い。
限定グッズの入手という意味でもかなり貴重なショップだ。

更に7Fには大型の総合オタクショップである駿河屋(+ヴィレッジヴァンガード)も入っている。
4F・5Fでイベントを楽しみ限定グッズを入手して、ついでに7Fでショッピングを楽しんでいくことが可能だ。
コラボカフェを目当てに行くお客さんも少なくないだろう。
オタク観光系では、大阪でもトップを争うショップだ。

ただ、イベント系と中古ショップという尖った組み合わせのため総合的な新商品にはやや弱いとも言える。
しかしこと書籍系に関しては、すぐお近くに馬鹿でかいジュンク堂書店がそびえ立っているため、こっちを利用すれば全く問題がない。

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
なぜ特撮界隈は荒れやすいのか? ~SNSと闇のオタク文化~ 5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-オタク観光・オタ活, 梅田