このページにはプロモーションが含まれています 仮面ライダー 感想・考察

仮面ライダーゼロワン 14話感想 まさかの新仮面ライダー雷登場!

2019年12月6日

[cc id=2152]
仮面ライダーゼロワン 14話『オレたち宇宙飛行士ブラザーズ!

次回あらすじ

飛電インテリジェンスの社長室に宇宙飛行士の兄弟が怒鳴り込んできた!
或人がやってしまったある行為が、宇宙で衛星ゼアの管理をしていた宇宙飛行士ヒューマギアの雷電の逆鱗に触れたのだ。雷電は弟の昴と共に或人を飛電の宇宙開発センターに連れていく。そこに、なぜかA.I.M.S.と滅亡迅雷.netが次々現れて―――。

予想・考察

ゼミ生の皆様こんにちは、語屋アヤ(@ridertwsibu)です。

次回は宇宙飛行士編です。
宇宙キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! というわけで、探偵編での『仮面ライダーW』に引き続き、次の脚本は……普通に安定と信頼の高橋悠也氏です。
流石にフォーゼ脚本はないか。などとちょっとガックリしていたら、Youtubeの東映オフィシャルにて『仮面ライダーフォーゼ』の全話無料配信が告知されました!

なお、宇宙編は次の劇場版にも関わる話が出る模様。
仮面ライダー1型、飛電其雄とも間接的に関わりがありそうな話ですね。

また謎の便利衛生ゼアの設定も掘り下げられそうなので、これまで重要だけどあまり深く出てこなかった宇宙関係の設定が語られそうで楽しみ。

そして一番の目玉は新ライダーとバルカンの強化フォームが同時登場ですね。
バルカン強化はクリスマス商戦の強い味方にになりそう。

ていうか、バルカン強化フォームのデザインがものすっっっっごく好みです。
通常のバルカンがちょっとのっぺりしていて、ゴリラはまんまゴリラだったので純粋に格好いいデザインはテンションあがります。

まあ、仮面ライダーのデザインは格好良さだけでなく異形感も大事なので、そういう意味だとバルカンは決して失敗ではないのですが……。

もう一体はなんとこれまで全然情報として出てこなかった仮面ライダー雷。
まさかドードーマギアとしてのデータが回収された上に、ライダー化するとは……。意図して新ライダーをねじ込んできた可能性はあるかと思います。

予想以上に長かった出番と高い人気の合せ技か、まさか滅亡迅雷から一字を与えられる存在になるとは。本当に暗殺ちゃんの存在は偉大でしたね。
(最後の一文字、亡は仮面ライダーになったらどう読むのだろう……?)

けれど、ちょうど一クール目のラスト部分でライジングホッパーが本格戦闘。そして暗殺ちゃん退場の流れでした。
大きな山を一つ越えて次に入ったと考えるなら、次回からはストーリーをより膨らませての新章開幕みたいな流れではないかなと思います

[cc id=2153]

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
なぜ特撮界隈は荒れやすいのか? ~SNSと闇のオタク文化~ 5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-仮面ライダー, 感想・考察
-, ,