S.I.C 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ』の予約が開始されました。
価格:12,960円(税8%込)
発売日:2019年09月

ロケットと宇宙服をモチーフにした仮面ライダーフォーゼが、SICシリーズとなり新しい解釈とデザインでフィギュア化です。
フォーゼと言えば、ロケットモチーフはともかく、白を基調にしたことで膨張色と宇宙服っぽいデザインが合わさり、ずんぐりとしたフォルムになって当時かなりネタにされたことで有名です。

中古のオモチャ屋さんに行っても、フォーゼ関連のS.H.Figuresはたいてい中古があってすごく安いんですよ。マジで。
真骨彫のディケイド一個で何個買えるの? ってレベル。

同じ宇宙モチーフであり昭和ライダーの『仮面ライダースーパー1』の方が格好いいとまで言われただけはあります。
そんなフォーゼがSIC化したわけですが、正直予約段階でとんでもない完成度になっています。
あのフォーゼが、こんなにオーソドックスに格好良くなるなんて……。

今回のフォーゼは『S.I.Cコロセウム』という四人の平成仮面ライダーをSIC化して人気投票する企画なのですが、フォーゼはその中で優勝しました。
中には人気作のアギトや龍騎までいるのに、いやまさかフォーゼが優勝するとはマジで予想でしたよ。
しかし実際にデザインを見てみると、優勝したのも納得の素晴らしい完成度。

SICシリーズは時にかなり強くアレンジがかけられて別物の如く変わりますが、何がすごいってフォーゼらしさはほぼそのまま残っているのに劇的に格好良くなっていることです。
そんなフォーゼのデザインを確認していきましょう。

調整された絶妙なボディバランス

私が一番素晴らしいと思ったのは全体的なボディバランスの調整だ。
もうホント、ボディバランスだけでここまでスタイリッシュに変わるの? ってくらい違う。


S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ 約190mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

頭部をシュッと細くして頭部を尖らせ、両端のパーツを少し大きく変えた。
パーツを特徴的にしつつ、顔が少しスリム化した感じだ。

さらに肩周りや、両腕と両足のパーツを大きめにしつつ、胴体部分は細くなっている。
元デザインよりもメリハリの付いたバランスだ。
これがとてつもなく格好良い!

顔の細さや体付きは宇宙船と宇宙服のイメージに加えて、変身者である如月弦太朗も加わっている。
バットボーイでリーゼントという設定だけれど、弦太朗自身は細身の体型なのだ。
それに腕と足がゴツいのは弦太朗の学生服も同じように着こなしになっている。

またフォーゼは設定上、両手と両足に換装パーツを装着するため、パーツがゴツくなるのは自然な構成だ。
如月弦太朗の学生らしい体型に寄せているのに、そこに違和感がない。
これによってフォーゼらしいぐっと腕を伸ばしたポーズが抜群に格好良いのだ!

バランス面でいうと、弦太朗らしさだけではない。
ベルトと背面がチューブで繋がり、バーニアのデザインもアレンジされている。
なお、このバーニアは展開してぐるりと上下に動く。
なお、ふくらはぎ部分にもバーニアが内蔵されていて、展開が可能。ギミックが細かい!


S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ 約190mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ 約190mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

宇宙服と宇宙船、どちらのデザインもきちんとアレンジされ強調されている。
にも関わらず、鈍重な印象はなくて全体的に見るとスリム化しているようにさえ見える。
この奇跡的とさえ思えるバランス感覚が、フォーゼらしさを失わせず如月弦太朗を連想させる格好良さに繋げた根幹だろう。

リアリティと迫力の増したアストロスイッチ

SICフォーゼにはドリルモジュールとロケットモジュールも付属する。
両腕と両足が大きくなったことにより、アストロスイッチも大きめにアレンジされた。


S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ 約190mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

装着した姿は迫力満点だ。
ロケットパンチの勢いがもの凄そうであり、このロケットで飛ぶ姿を見てみたい。

ドリルも大きい。男のロマン感がアップしている。
二つ同時に装備したロケットドリルキック状態だとパーツの大きさがより強調されている。
原作同様、ドリルの切っ先が埋まった状態で立っているポーズだ。


S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ 約190mm PVC&ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア

何気に重要なのが、このポーズが再現できるという事実。
つまりドリルキックの先端は取り外し可能ということだろうか?
流石にジオラマの方を無理やり穴開けて撮っているとは思い難い。
バーニアのギミックの細かさからして、立たせるために外せるように作ってくれたのかも。

膝に腕置くポーズも腕が大きくて足とバランスが取れている。
宇宙ライダーらしさがそのままに如月弦太朗らしいスケールの大きなデザインになっていると強く感じた。