どうも、ゲタライド(@ridertwsibu)です。

大きいお友達向けで、ちょっと早めのクリスマスプレゼントが届きました。
今回はプレミアムバンダイでの受注生産、『S.H.Figuarts 仮面ライダー斬月 カチドキアームズ』のレビューをしていきます!

S.H.Figuarts 仮面ライダー斬月 カチドキアームズ レビュー

斬月のカチドキアームズは平成ライダー最初で最後となった舞台作品で登場した斬月の新フォームです。

作品自体も鎧武の世界観を縮小化しつつリバイバルした構成、かつ呉島貴虎とユグドラシルの設定を上手く活かした物語でオススメです。
そして『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』でもまさかの登場を果たしました。

カチドキアームズはまさに鎧武者なデザイン性で好きなのですが、それの斬月バージョンですよ。格好いいに格好いいを合わせたらそりゃあ超格好いいに決まってます。
そんなカチドキ斬月をS.H.Figuartsシリーズはどう再現したのか。じっくりと見ていきましょう。

まずはパッケージ。
従来の仮面ライダー鎧武シリーズ用の粋なパッケージデザインを踏襲している。

箱出しと背面。

同じカチドキでもカラーリングの違いか、鎧武に比べると少しスタイリッシュで細めなイメージ。

鎧おっぴろげ。鎧の下部はバックリと開くので稼働には大きな問題はなし。

カチドキといえばカチドキ旗!
流石に軟質パーツではないものの、二枚目を見るとわかりやすいが旗の質感を出すためにあえて不均一な形状になっている。
ちゃんと旗を持っている感じが出ていていい感じ。

旗の柄の部分は取り外せて、背中にも装着可能。

一枚目はわかりやすく両方に広げる感じで装着してみたけど、その後の撮影で方向直すの忘れているちょっとダサいミスを……!

カチドキアームズでは重要なもう一つの武器。
火縄大橙DJ銃のカチドキ斬月バージョン、名前は「火縄甜瓜DJ銃」。ちなみに甜瓜は「てんか」と読む。

展開状態のロックシードを装着可能。
裏側はこんな感じ。

デザイン性と可動域は信頼と実績のフィギュアーツシリーズの出来。
カチドキ特有の鎧も稼働の邪魔になっていないので、いつも通りのポージングが可能。

ただし個人的な難点としては私が触ったことのあるアーツの中では、ダントツで手首がはめ込み辛い。
鎧パーツの着脱は普通にできたのに、手首だけやったらハマりにくく割と本気で個体差による不良品を疑ったレベルだけど、ネットみたら皆似たような感想なのでこれが仕様らしい。
まさしく玉に瑕な欠点。だけど、それ以外は概ね良好なクオリティ。

後で舞台の斬月観て欲しくなったので検討中って人は、是非是非手にとって欲しいなと思う。
(プレバン限定の受注生産品だけど……)