どうも、ゲタライド(@ridertwsibu)です。

Twitterでジオウ公式がプロフィールにて「なんだかジオジオしてきたジオ」とか言い出してから、徐々にジオジオが強まって五ヶ月。
ジオウ新作と見せかけて(ジオウ新作でもあるけど)まさかのディケイド!
平成33年という新たな概念が生まれてしまった! おのれディケイド!

本格的に平成を終わらせる気がないぞ東映。
平成仮面ライダー二十周期を終えて、更にディケイドが主役になるとは夢にも思いませんでした。

そして実際に配信された評価はものの見事にディケイドらしい賛否両論。
否定派の方々には、どう見ても否定の方が大きいだろうが金返せと言われそうですが……。

今回は有料配信の特性上、観てない人の便乗批判によるノイズも相当数あります。
何より一番多い感想は『わけがわからない』なんですよね。
ただこの『わけわがわからない』が曲者で、ことディケイドという作品は『わけわがわからない=つまらない』とは限らないのです。
だって、それ言い出したらディケイドの本編がかなり説明不足の投げっぱなしで終わってます。私の知る限り平成ライダーで最もわけがわからない作品ですからネ!

しかしディケイドや門矢士に対する人気の高さは、ジオウ出演での盛り上がりからも、高い人気を持ったキャラクターとして存在しています。
この時点で矛盾してしまうのです。

『わけがわからない』にディケイドらしさを感じる人もいれば、本当につまらなかった人もいる。
観てないけど、批判的な感想に便乗して叩く人もいれば、色々思うことはあったけど悪くはなかったよという声もある。
凄まじく実態が見えにくくなっている作品だなぁと思います。

なお個人的な記憶で振り返ると、ジオディケよりディケイド完結編の方が当時は批判されまくっていたなと思います。
まあ、中身だけでなく宣伝とその後にあった偉い人の謝罪で炎上祭になった経緯もあるのですが……。

ディケイド主体という意味ならスーパーヒーロー大戦もで、平成VS昭和も同じくファン評価は……(私個人の評価は別話)。
やっぱりいつも通りじゃね? と思いますが、そこはそれ。ディケイドだからね!

ちなみに白倉Pは『すべて視ているコアファンも、ライトユーザも、どっちも楽しめるよう緻密に計算された作品』的な発言をしています。
個人的にはむしろ真逆。大多数の『わけがわからない』は割と正当な評価であり、上級者向け作品だったというのが率直な感想です。

私は前回や今後予定しているディケイド関連の記事を書くため、過去作品を再履修して色々なキャストや制作陣のコメントも読み耽っています。
加えて純粋な井上敏樹脚本のファンと呼べる一人。

つまり色々読み取れる環境が事前にかなり揃っていた部類の人間でしょう。
そんな『ディケイドオタが読み解いたジオディケ大解説!』が趣旨です。

そしてハリキリ過ぎた結果、この解説書いていくうちにかなり長くなってしまったので、前後編にわけて解説していきます。

前編はネタバレ無しで、この作品を楽しむための前提条件と共に、井上敏樹氏の作家性についての解説。
ジオディケ両作の全体的な構成に対する見所と欠点。
そしてジオウ側を主体にした解説と考察になります。

では、はじめてまいりましょう。