このページにはプロモーションが含まれています 未分類

一勝千金 19話【ネタバレ感想・考察】殺戮舞踏会との交流戦!

2024年3月4日

一勝千金 第19話『足らへんやん』ネタバレ感想・考察

上にこってり絞られるインテリヤクザ

前回までのあらすじ
よその興行団体と揉めて話を付けにいったら、なぜかついてきた本郷姫奈ちゃんが推しをバカにされて、ワンパンで対戦相手予定だった選手を沈めた。

何がどうなってんだという状況。
話の顛末を聞いた天馬希望もどうしてこうなったと、文字通り頭を抱える状態だった。
惨歯組のメンツは丸つぶれで、交渉に出向いた美谷はなももうおしまいだと涙を流している。

しかし、残った一人、伊藤いちかだけは余裕があり、任せとけと解決に乗り出した。

翌日、惨歯組の井上菅谷は上位組織の仁和組の若頭&李神会の会長である李昭信に呼び出された。
その部下で、仁和組の本部長&夜狼組組長の剛野剛もセットだ。こっちはスキンヘッドでムッキム、おまけに顔に大きな疵がある超強面。

井上は汗だくで俺何かやらかしたと焦りまくりだ。

内容はもちろんはなの神宮寺組とのトラブルが原因だった。
『警察関係の知人』から密告が入ったとのこと。

揉めた次に日呼び出して吊し上げを行う。かなり迅速な対応だ。

既知の情報ではあるが、仁和組の会長は神宮寺組の先代と仲が良かったので、その娘である美谷組長を気にかけている。
先代を失い弱小ヤクザ化している上に、どこの下にも属さず神宮寺組が存続し続けられるのは、仁和組会長が色々と便宜を図ってくれたおかげだ。

井上はその事実を知らなかった。
はなは愛人との娘で、ただのザコと舐め切っていたので強気に出ていたのだ。

しかし仁和組の会長の想いはかなり強い。
兄弟分であり戦友でもあった友の忘れ形見として、自分の娘のように可愛がっているレベルだった。

実際、はなが気付かないように陰ながらの支援も行っていたらしい。まさに猫っ可愛がりだ。

そのため、はなが自力で戦乙女を立ち上げた時も内心ウッキウキだったようで、殺戮舞踏会と共存共栄して一緒に裏格闘技を盛り上げていきたいとまで考えていた。

しかし、その戦乙女の基盤がまだ不安定な段階から、井上が乗っ取りを仕掛けてしまった。

そのやり口も悪辣だ。
選手当人が自ら望んで移籍を願い出て、それを惨歯組のメンツを立ててレンタル扱いにしてもらった『借り』がある状態。
そんな流れにも拘わらず、選手の負傷に対してキズモノにしたと因縁を付けた。

またリング禍や再起不能ならまだしも、格闘技という性質上は普通に起こり得るレベルなので、惨歯組は二重にイチャモンを付けている。

本当に何から何まで井上が悪いのでどうしようもない。

もはや申し開きがまったく出来ない状況。
会長の耳に入っていたら命はなかったとまで言われて、神宮寺組に詫びを入れろと脅された。

そして李昭信は共存共栄を形にするよう、殺戮舞踏会と戦乙女の交流戦を企画する。
これで井上も少しは懲りたろうと仕切りは任せて、自分たちは念のため陰から見守るつもりのようだ。

ヴァルキュリアの致命的な欠点!

何も知らないハナは、交流戦の申し出に大喜びだ。
試合はそれぞれ代表選手三人を出し合う形式で行われる。

戦乙女が出せる有力メンバーは、前回のトーナメントにも出場した四名だ!
というわけで、そのメンバーが全員呼び出させた。

しかしここで大問題が発覚。
瀬名りくは腕の骨折でまだギプスも取れていない全治二か月。
いくらレディースで無茶してきた彼女といっても、一か月後の試合は無理だ。

柚巴リーはパッと見たらりく程ではないにせよ、前回の試合で頭部を負傷中だ。こちらも交流戦までは間に合わない。
また彼女は裏の中でもかなり真っ当な武闘家なので、怪我が完治するまで試合は絶対にノーと主張する。これも当然だ。

本郷姫奈も同じく足にギプスを付けている。
もっとも、こっちは教信者系戦闘民族なので出たがっているけど。

今試合に出れるのは残った瀬名りこだけだ。なんということでしょう!

彼女だけは「あ、私は出るよ」とニコニコ笑顔だ。
前回の試合でリーからしこたま打撃をもらい続けていたのに、むしろなんでこの人普通にピンピンしてるんですかね?

負けた側のはずなのにさらっと規格外扱いされている。
ヤバ子原作作品の巨漢は、負けることがあってもちゃんと強いキャラとしてフォローが入るぞ!

そして、井上は全く凝りてなかった。
この交流戦を戦乙女を潰すチャンスとして使う。
殺戮舞踏会でも危険すぎて試合に出せず持て余していたメンバーを交流戦に放出するッ!

え、この人ってインテリヤクザって設定なんだよね?
殺戮舞踏会側が原因で相手選手を再起不能やリング禍を何度も起こして、選手層の浅い戦乙女が勢いを失ったら、仁和組から詰められるとしか思えないのだけど……。

もう私怨でまともな思考ができなくなっているようにしか見えない。
この組長、よくこれで組と裏格闘技団体の経営ができてるなぁ……。

とにかく完全なメンバー不足で、戦乙女側は割と深刻な大ピンチだ!!


これからの『一勝千金』の展開も気になるところですが、これまでの戦いも見直したくなりますよね?

Manga Rawや漫画村などの違法サイトに頼ろうとする人もいますが、この手のサイトは次々に閉鎖されています。

より厳しく取り締まるため、利用がバレたら逮捕されますし、個人情報を抜かれる、スマホのウィルス感染などのリスクが多々あるためです。
わたしの友人も昔、違法漫画サイト経由でウィルス感染してメチャクチャになり、どうしようと相談されたことがありました……。

それらを踏まえると正規の電子書籍サイトで安全に読んだ方がいいです。
わたしは漫画を読むのはほとんど電子書籍化したため、常にお得なサイトを探しています。

そこで最もお得に安く読めるのがDMMブックスというサイトです。

DMMは電子書籍だけでなく、ゲームや動画など多岐にわたる大手のエンタメサイト。
誰しもその名前を避けてネットを楽しむことは不可能でしょう。

DMMブックスでは現在、新規登録キャンペーンを実施中です。
登録するだけで、どの漫画でも90%OFFのクーポン(割引上限は2,000円)がもらえます!

また、それだけではありません。
多くの漫画作品で30%のポイントバックキャンペーンも行っております。

事実上の30%オフと言えます。
しかもDMMポイントで還元されるので、DMM内のゲームや動画など他のコンテンツでも幅広く使用できます。

『一勝千金』は693円ですが、クーポンの割引とポイントバックを含めるとたったの49円。なんと644円もお得に読めてしまうのです!

もちろん、他の漫画を一緒に買って2,000円分の割引を最大限に使うこともできます。
ちなみに同じ作者で有名な作品の『ケンガンアシュラ』や『ケンガンオメガ』も30%ポイントバックに含まれています。

90%OFFクーポンやポイントバックがいつまでかは不明です。
今だけの可能性もあるので、早めの登録をオススメします。

⇒ 今すぐ『一勝千金』を読む

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-未分類
-,