このページにはプロモーションが含まれています 感想・考察 漫画

一勝千金 24話【ネタバレ感想・考察】はんなり極道出撃!

2024年5月12日

一勝千金 第24話『ド外道ヨ』ネタバレ感想・考察

殺し屋 VS はんなり極道

渡辺カレンは殺し屋だ。
それも二和組の下請けをしていたフリーランスのアサシンである。

アサシンといえば奇襲、闇討ち、騙し討ちといったイメージがあるけれど、カレンは素手でも十分に闘えるタイプらしい。

前試合の雪平さらはドMナルシストというモノホンの変態だったけれど、根は殺人鬼ではなく武術家だった。
あまりに激しい鍛錬が平常となっており、リング禍はそれを対戦相手にも押し付けた結果の出来事である。

そのため、さらは井上管也から美谷はなの殺害を依頼されたが断った。
根っこが快楽殺人鬼であるカレンが受けたため、この組み合わせとなったようだ。

というか、一番憎いはなを消したいなら、最初からカレンに依頼すればいいのでは……。
あくまで興業を重視しるなら、葉月ゆうは体格的に瀬名りこが相手で確定になるのは仕方ない。

なおケンガンアシュラだと、登場時はかなりヤバい快楽殺人鬼扱いされていた殺し屋が、無駄な殺しはしないビジネスライクな性質だったけども。
プロとして優秀だからこそ、無理と判断したらさっさと撤退しそう……。

井上的には試合中でもその後でも良しと思っているようだ。
また命令に従わなかったさらも交流戦後に消すことにしたらしい。どちらも失敗するスメルがプンプン臭う。小物臭が加速度的に増していくぞぅ。

その情報を知らないまま、『はんなり極道』美谷はながリングへと上がる。
しかし、カレンの情報を聞いても天馬希望は心配ないと断言し、むしろ相手の心配をした方がいいとまで言う。

打撃 VS 寝技

リングの方では美し過ぎる暴力団組長と呼ばれ、鉄砲玉とカチコミ希望者が続出している!
黄色いヤジとでも呼べばいいのかな。
カレンも可愛いよりも美しい系の顔立ちなので、二人が揃うとセレブがスポーツジムに汗を流しにきたのかという絵面だ。

はなは姿勢落として重心を下げて手は開いた姿勢。わかりやすい寝技タイプ。

はなの経歴は高校卒業でのジムで止まっている。プロとしてリングに上がったわけでもないだろうから、アマチュアもアマチュアだ。
しかし、試合のひりつきを楽しめるくらいの冷静さがある。伊達に極道じゃあない。

そして前に出ようとした一瞬を、カレンが刈り取るように頭部狙いの蹴りっ!
はなはかろうじて避けたものの、カレンのラッシュを仕掛ける。

一見すると打撃系にみえるが、希望は動きに癖を見出し総合格闘技の経験があるのではないかと予想した。

鋭い打撃がはなの頬をカットする。
しかし、ここではながテイクダウンを取った!

美女同士が組んずほぐれつ。この絵面はケンガンではできない絵面だ。もう単行本一巻分くらいこれでいいのでは?

格闘技から離れていたのでスタミナに難があるはなだが、カレンが打撃の姿勢を取るとすかさず体制を変えて潰す。
運営三人集においてはなは、打撃は才能の欠片もない最弱、そして組技は天性のセンスを持つ大天才だったのだ!

カレンが総合ならば、寝た状態での打撃技術があるのはほぼ間違いない。

希望に地獄確定とまで言われたカレンは、この窮地から抜け出せるのか!?


これからの『一勝千金』の展開も気になるところですが、これまでの戦いも見直したくなりますよね?

Manga Rawや漫画村などの違法サイトに頼ろうとする人もいますが、この手のサイトは次々に閉鎖されています。

より厳しく取り締まるため、利用がバレたら逮捕されますし、個人情報を抜かれる、スマホのウィルス感染などのリスクが多々あるためです。
わたしの友人も昔、違法漫画サイト経由でウィルス感染してメチャクチャになり、どうしようと相談されたことがありました……。

それらを踏まえると正規の電子書籍サイトで安全に読んだ方がいいです。
わたしは漫画を読むのはほとんど電子書籍化したため、常にお得なサイトを探しています。

そこで最もお得に安く読めるのがDMMブックスというサイトです。

DMMは電子書籍だけでなく、ゲームや動画など多岐にわたる大手のエンタメサイト。
誰しもその名前を避けてネットを楽しむことは不可能でしょう。

DMMブックスでは現在、新規登録キャンペーンを実施中です。
登録するだけで、どの漫画でも90%OFFのクーポン(割引上限は2,000円)がもらえます!

また、それだけではありません。
多くの漫画作品で30%のポイントバックキャンペーンも行っております。

事実上の30%オフと言えます。
しかもDMMポイントで還元されるので、DMM内のゲームや動画など他のコンテンツでも幅広く使用できます。

『一勝千金』は693円ですが、クーポンの割引とポイントバックを含めるとたったの49円。なんと644円もお得に読めてしまうのです!

もちろん、他の漫画を一緒に買って2,000円分の割引を最大限に使うこともできます。
ちなみに同じ作者で有名な作品の『ケンガンアシュラ』や『ケンガンオメガ』も30%ポイントバックに含まれています。

90%OFFクーポンやポイントバックがいつまでかは不明です。
今だけの可能性もあるので、早めの登録をオススメします。

⇒ 今すぐ『一勝千金』を読む

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-感想・考察, 漫画
-,