このページにはプロモーションが含まれています 感想・考察

ケンガンオメガ 最新259話【ネタバレ感想・考察】さすが拳願会汚い!!


これからの『ケンガンオメガ』の展開も気になるところですが、これまでの戦いも見直したくなりますよね?

Manga Rawや漫画村などの違法サイトに頼ろうとする人もいますが、この手のサイトは次々に閉鎖されています。

より厳しく取り締まるため、利用がバレたら逮捕されますし、個人情報を抜かれる、スマホのウィルス感染などのリスクが多々あるためです。
わたしの友人も昔、違法漫画サイト経由でウィルス感染してメチャクチャになり、どうしようと相談されたことがありました……。

それらを踏まえると正規の電子書籍サイトで安全に読んだ方がいいです。
わたしは漫画を読むのはほとんど電子書籍化したため、常にお得なサイトを探しています。

そこで最もお得に安く読めるのがDMMブックスというサイトです。

DMMは電子書籍だけでなく、ゲームや動画など多岐にわたる大手のエンタメサイト。
誰しもその名前を避けてネットを楽しむことは不可能でしょう。

DMMブックスでは現在、新規登録キャンペーンを実施中です。
登録するだけで、どの漫画でも90%OFFのクーポン(割引上限は2,000円)がもらえます!

また、それだけではありません。
多くの漫画作品で30%のポイントバックキャンペーンも行っております。

事実上の30%オフと言えます。
しかもDMMポイントで還元されるので、DMM内のゲームや動画など他のコンテンツでも幅広く使用できます。

ケンガンシリーズは全て集めると31,416円ですが、クーポンの割引とポイントバックを含めると20,592円。なんと10,824円もお得に読めてしまうのです!

90%OFFクーポンやポイントバックがいつまでかは不明です。
今だけの可能性もあるので、早めの登録をオススメします。

⇒ 今すぐ『ケンガンオメガ』を読む

ケンガンオメガ 最新259話【ネタバレ感想・考察】さすが拳願会汚い!!

ケンガンオメガ 第259話『THE KING OF KINGS』ネタバレ感想・考察

リアルチャンピオンシップの全選手入場!!

新章突入! 各裏格闘技団体からチャンピオンを集めて開催されるリアルチャンピオンシップが開催だ!

いきなり選手入場からスタート。
煉獄:マニラの怪物 ロロン・ドネア
拳願会:柔王 嵐山十郎太
UNDER GROUND-1:ザ・パンサー 喜多川ジャスティン
餓狼:タイの闘神 ガオラン・ウォンサワット
伊勢龍:バウンティハンター 魁比楽
拳願会:五代目滅堂の牙 加納アギト
殺戮武闘会:終末の使者 羅門悠光
D4:モンスター ユリウス・ラインホルト

各裏格闘技団体の名目だったけど、八名中五名は既存のメンバーだった!

餓狼は豊田出光が新たに立ち上げた団体で、しかも初代チャンピオンがガオラン。
この時点で拳願会的に有りなのかと思いきや、D4は拳願会の下部団体でユリウスが出てきた。

どちらもこの大会に出るための移籍で、拳願会にも籍は残されている。

しかも最大規模団体の拳願会は二名出ているわけで、実質煉獄は拳願会とつるんでいることから、実質五枠独占だ。

トーナメント表は以下になっている。

第一仕合
ガオラン・ウォンサワット
嵐山十郎太

第二仕合
魁比楽
喜多川ジャスティン

第三仕合
ユリウス・ラインホルト
加納アギト

第四仕合
ロロン・ドネア
羅門悠光

拳願会外の勢力三つの内、二つは一回戦で潰し合う。
リアルな格闘技大会でも、優勝候補はシード権があったり、一回戦は当日飛び入り参加枠とぶつかったりする。
(飛び入り参加枠は実績がない選手が多く、参加のため事前に多く仕合をこなすケースも有り)

後、喜多川ジャスティンの顔付きが一人だけやたら濃い。
とりあえず関西地方をネタ枠にするのやめていただけないでしょうか……!

過去からの煉獄勢力は嵐山とロロンの二人。
嵐山は今回拳願枠なので優勝しても両勢力ともに顔が立つ。

ロロンが優勝しても過去に勝利した王馬はいないので、拳願会の面目は完全には潰れない。

露骨に拳願会と煉獄が優遇されていて、しかも両者の関係が壊れない配慮が行き届いている。
あえてこの構図が露骨なのは、金と権力が『力』の正当性になる拳願会の在り方(絶命トーナメント)からの流れだろう。

ガオラン・ウォンサワット VS 嵐山十郎太

第一仕合からしてもうめちゃくちゃ美味しいッ!
純粋な打撃戦ではアギトを上回るガオランと、そのアギトに柔で勝利した嵐山。まさに剛柔の頂上決戦! まさにチャンピオンシップである。

嵐山は拳願会枠でも、煉獄代表として劉東成とカーロス・メデルが激励に現れた。
その武に向き合う高潔さは、応援にきた二人も純粋に認めるところ。
まさに武闘家の鑑だと、その背を眺めながら語り合う。

「さあ、行こう。目黒殿」

背中になんか憑いてるぅー!
めっちゃイマジナリー目黒がいる上に話しかけちゃってるよっ!

目黒への熱い想いでアギトにまで勝利した男。症状が無事悪化していた。

ガオランにはもちろんラルマー13世だ。
主君として勝利を命じる。

「仰せのままに」

それはラルマーからの信頼の証でもあり、これ以上ない激励の言葉だ。

次回、妄想VS信頼の闘いが始まるッ!

前回

人気記事

何故アメリカでゴジラが愛されるようになったのか【解説・考察】 1
2014年にハリウッドでギャレス版ゴジラが公開され、2021年には『ゴジラVSキングコング』が激闘を繰り広げました。 流石に注目度の高い人気作だけあって、様々な場所で様々なレビューが飛び交っています。 ...
【感想・考察】ゴジラ-1.0 王道を往くマイナスの本質とは 2
2016年、庵野秀明監督は懐かしくも革新的なゴジラを生み出した。 シン・ゴジラは純国産ゴジラとして、間違いなく新たなムーブメントを迎えた。 しかし、そこからゴジラの展開は途絶える。 新作はアニメ方面や ...
【仮面ライダーアギト 考察】伝説の続きが創った平成ライダーの基礎 3
ドゥドゥン! ドゥン! ドゥドゥン! アー! 令和の世で需要があるのかと思っていたクウガ考察でしたが、本編だけでなく小説版まで予想以上の反響をいただけました。 中にはブログを読み小説版を購入してくださ ...
仮面ライダーBLACK SUN 敗者達の希望と悪の連鎖【感想・考察】 4
前書き:仮面ライダーBLACKの特殊な立ち位置 50年に渡る仮面ライダー史において、仮面ライダーBLACKはかなり独特な立ち位置にあると私は思っています。 熱狂的な直撃世代が多数いながらも、そこから外 ...
5
前書き:叩かれなければ生き残れない 『特撮界隈は民度が低い』 『特撮界隈は荒れやすい』 Twitterを眺めていて、これまで何度これらのワードを目にしてきたことでしょう。 民度が低い。私の苦手な言葉で ...

-感想・考察
-, ,