仮面ライダーゼロワン 掛け軸ART ゼロワン饅頭セット【プレミアムバンダイ限定】

どうも、ゲタライド(@ridertwsibu)です。

クリスマスの聖夜(実際はイブの夜ですが)にブログ更新。それも割とノリノリな感じでこんばんは。
プレバンから自分へのクリスマスプレゼントが届きました。
いえ、まあ、購入時点では発送日不明だったので単なる偶然でございますが、それはそれ。

本日のアイテムは『仮面ライダーゼロワン 掛け軸ART』でございます。饅頭もあるでよ。

いつもなら商品イメージの画像がてらにAmazonの商品リンク付きの画像を貼るのですが、今回は何分マイナーが過ぎました。
今現在、転売ヤーすらも出品しちゃいねー!

この記事の需要すら怪しげでございますが、、まず間違いなくレア物な商品。
そもそも和を重んじる掛け軸って時点でどう見ても正月向けな商品レビューでレッツ聖夜!

商品シリーズとしては有名な色紙ARTシリーズ。
今回のアイテムはそのシリーズを掛け軸化した亜種だ。

イラストは当然今回専用でゼロワンの全身を描き下ろし。
サイズも色紙シリーズよりも大きく縦長だ。

縦長の箱が掛け軸。
なお、和を重んじた勢いから、お隣のゼロワン饅頭もセットで付いてくる。
正直、饅頭いらないから値段下げてほしいのだけど。食欲は誘うが購入意欲削がれた人もいるのではなかろうか。

側面には掛け軸の掛け方も書いてある。掛け軸の紐は二重で結ぶのを今日初めて知った。

お饅頭はこちら。白と黄色の二種類。
まだ食べていないので、後で追加レビューするかも?

箱から出すとこんな感じ。もうこの時点で中々それっぽい雰囲気が出ていた。

そして飾ってみた。
下が重石になっているので、頑張って伸ばさなくてもロールは自然と直るため、そのままでも割と自然に掛けられた。

サイズは縦63.5センチ、横30センチ。掛けてみると意外とそこまで大きく感じないが、従来の色紙ARTよりも大きくイラストもダイナミック。
ゼロワンの黒が映えており、掛け軸化しても案外不自然さがなかった。

色紙ARTのイラスト自体、黒を活かしたダイナミックなデザインが多く、今回のゼロワンも良い感じに雰囲気が出ている。
『令和零一』の文字も和風でかなり格好いいがそれもそのはず、響鬼や超英雄祭のロゴでお馴染みの書道家、康唯子先生による書き下ろし。

写真では少しわかりにくいけれど、メタリックな雰囲気の箔押しがされていて、ゼロワン独自のサイバーデザインが和のデザインと違和感なく融合している。

今年の正月は、ゼロワン掛け軸のある部屋でクウガの新春スペシャル見直そうとクリスマスに決めたのだった。